制度と仕組み

農業信用保証保険制度の仕組み

 

◎ 農業信用保証保険制度は、農協、信連、銀行、信用金庫、信用協同組合等融資機関が、農業者等の事業資金や生活に必要な資金を貸出するに際し、農業信用基金協会(以下「基金協会」といいます。)が借入者のために連帯保証人になって、資金の借入を容易にしようとする信用補完制度です。なお、基金協会は都道府県毎にあります。

◎ 保証業務に必要な基金は、農業者、農協、同連合会、都道府県、市町村等からの出資金及び融資機関、その他の団体からの交付金並びに基金協会の繰入金によって構成されています。

◎ 基金協会の債務保証によって融資を受けた借入者が、万一計画通りの返済ができない場合は、基金協会が借入者に代わって、融資機関に返済金を代位弁済いたします。基金協会が代位弁済をすることによって、融資機関としては債務が返済されますので不良債権がなくなります。

◎ 基金協会が代位弁済をした場合、借入者に対する求償権を取得することになりますが、求償権の回収は借入者の経営状況・生活状況に応じ、無理のない回収を図ります。

◎ また、基金協会は代位弁済によるリスク負担を軽減するため、全国機関の独立行政法人農林漁業信用基金の保証保険及び一般社団法人全国農協保証センターの再保証に付し、全国的に危険分散が図られる仕組みになっております。

農業者の6次産業化に向けた取り組み支援について

 

6次産業化の取り組みに必要な資金については、農業信用保証保険制度の対象となりますので、 基金協会保証を利用することができます。 詳しくはこちらをご覧下さい。